体臭ケアブログ

臭いケア

2020.10.06

汗っかきの女性飲食店員

私は20代の頃から比べると体重が10キロ近く増えてしまい、そのせいか、夏は汗を書きやすく、顔もおでこには粒のような汗をかき、鼻の下にも汗をかき、仕事終わり制服を脱ぐと脇や背中がびしょびしょです。

そんな私の対策は出勤する前に渡辺直美さんがCMをしていたピンク色のZというスプレー(以前はクリームタイプを使用していたが近くのお店になくなってしまった)を脇と背中にして、出勤して、着替える時には一度汗拭きシートで拭いてからもう一度zを脇と背中に吹きかける。

インナーはユニクロのキャミソールで脇の部分にもう一枚布があるタイプのものを気休めだけど使用しています。

直接肌に貼るタイプの脇汗シートを試した事がありますが、私の汗の量だと剥がれてしまいます。

私の仕事の制服は長袖ワイシャツにベストとギャルソンの服装ですが、ランチタイムが終ると汗もたくさんかいて匂いが気になるので休憩時間にはまた、シートで拭いて、スプレーをして、新しいキャミソールとワイシャツに着替えています。

以前テレビで舞妓さんが顔に汗をかかないために脇の下を着物の腰紐で縛っているというのをみたことがあり、実際に私も腰紐で脇の下を縛った事がありますが、確かに汗が出づらかったように思いましたが、沢山動き回る仕事ですのでだんだんと苦しくなり辞めてしまいました。

今は地道にこまめにシートで拭き、プルーストクリームを塗って、汗をかいたら着替えるを徹底しています。

2020.09.11

匂いは自分で気付いていないだけ

夏は特に気になる匂い。匂いは自分で気付いていないだけで

周りから不快だと思われていることもあるのです。

職場や街中、電車の中でも大体出くわします。

普段から、しっかりと身体を清潔に保つことをした上でも、

汗を書いたり、もしくは加齢、ワキガなど要因はさまざまです。

匂いが出やすいのは脇の下、それから口臭であることが多くあります。

ワキガに関しては、親がそうだと自分も遺伝していることがあります。

デリケートなことなので、周りの人になかなか聞きづらいと思いますが、

一度気になるのであれば、病院、クリニックでも診断してもらうことができます。

対策としては、手術をするのが一番確実な方法ではありますが、デオドラントなどで誤魔化すことも可能です。今はロールオンタイプやスプレー、拭き取りシートなどシーンによって合わせて使えるように種類も豊富にあります。

決して、匂いのケアをせずに香水などの香りものを付けるだけ、ということがないようにしましょう。それから、口臭は歯周病や歯石の溜まりすぎなども要因になります。数ヶ月ごと、少なくても半年に一回は歯医者に行ってチェックしている人は大丈夫ですが、なかなか歯医者に行けてないという方は注意した方がいいかもしれません。

2020.08.11

体臭ケアの王道は石けん!オススメの石けんは?

【誰もが悩まされる加齢臭の原因は?】

体の臭いで気になると言ったら、誰もが悩まされるのは「加齢臭」でしょう。早い人なら、30代から悩まされるのが加齢臭です。

加齢臭の原因は、「ノネナール」です。ノネナールは、毛穴に詰まっている皮脂や角質が酸化した時に発生するものです。独特の嫌な臭いを発します。



【抗酸化物質が配合された石けんがオススメ】

ノネナールを発生させないために大切なのが、汗をしっかり洗い流すことです。石けんを使って、毎日きちんと体を洗うことが、地味なようで一番効果的です。

加齢臭ケアに適しているのは、抗酸化物質が配合された石けんです。抗酸化物質は、皮脂の酸化を防ぐためです。抗酸化物質の中で、加齢臭ケアの石けんに最も適しているのは、ポリフェノールです。ポリフェノールには、抗菌作用や消臭効果が期待できるからです。



【メンソールやアルコール系のボディソープは控えるのが無難】

オススメできないのが、メンソールやアルコール系のボディソープです。これらは、さっぱり感が高く、特に蒸し暑い時期には人気があります。

しかし、洗浄力が強すぎるのが問題です。洗浄力が強すぎると、肌が乾燥してしまい、皮脂がかえって多く分泌されてしまうためです。皮脂の分泌が増えると、毛穴に残る皮脂も多くなってしまいます。洗浄力が強すぎるボディソープは控えましょう。

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

Copyright (C) taisyuukea.cloud-line.com All Rights Reserved.